川尻筆伝統工芸士 三代目・畑 義幸
トップ >  会社案内 > 四代目・畑 幸壯

四代目・畑 幸壯

昭和62年9月11日生

私は幼いころより父・義幸(三代目)の背中を見てきました。筆職人となった今、父の苦労・父の偉大さを実感しています。

私は職人になった当初から、父が技術を確立した「羊毛筆」に挑戦しています。

筆づくりの中で最も難易度が高い筆に初めから挑むことで、筆づくりの概念を良い意味で覆すことができると考えたからです。

もちろん、基礎は十二分に教え込まれました。

初めて筆が完成したときの喜びは今でも鮮明に覚えています。

そして何より、筆を使ってくださった方から「良い作品ができました」と感想をいただけたときの喜びは格別です。

高齢化が進む日本の筆職人の中で、私はまだまだ若手です。川尻筆においては同世代の職人が非常に少なくなっています。

伝統工芸品「川尻筆」の技術を早期に着実に伝承、そして革新させ、川尻筆の振興と日本の伝統文化の発展に少しでもお役に立てる職人になること決意しています。

経歴

平成23年12月 メイクアップアーティストとタイアップして川尻筆の伝統技術を用いた化粧筆を制作
24年2月17日 中国新聞に「川尻の筆職人とて初めて化粧筆を手掛けた」として上記取り組みが掲載される

川尻筆伝統工芸士

三代目・畑 義幸

昭和26年2月3日生