川尻筆伝統工芸士 三代目・畑 義幸
トップ >  ブログ > 雨と台風と筆づくり

雨と台風と筆づくり

2017年07月05日

 

皆さまへ

 

いつもお世話になります。

 

広島の呉は梅雨入りして約1ヵ月が経過しましたが、

今年の雨はあまり多くないようです。

 

 

そんな気候の中、日曜日に

 

「火曜日に台風が直撃するけん、気ぃつけんさいよ」

 

と教えてくれた方がいらっしゃり

少し心配していましたが、

台風の進路が変わったようで

特に強い風が吹くこともなく、穏やかな雨でした。

 

長崎や愛媛、本州南岸の方は大丈夫でしたか?

大きな被害がなければよいのですが。

 

 

筆職人は、この時期は常に天候を気にして

筆づくりの工程を考えます。

 

 

工程の中で何度も自然乾燥する場面がありますので、

天候不良だとなかなか乾きません。

 

扇風機や乾燥機を使う会社もあるかもしれませんが、

そうすると乾きムラができて毛が割れてしまいますので

自然に乾燥させるのが一番よいと考えています。

 

 

ですので、この時期は通常の納期よりも

少し遅くなることがございます。

 

筆の完成を待ってくださっているみなさま、

ご迷惑をおかけしますが、

あと少しお待ちくださいね。

 

(↑これは内地赤天尾筆です)

 

いつもありがとうございます。