川尻筆伝統工芸士 三代目・畑 義幸
トップ >  ブログ > 座本大汪先生の書/ 珍品・純兎(うさぎ)筆

座本大汪先生の書/ 珍品・純兎(うさぎ)筆

2016年11月25日

%e5%ba%a7%e6%9c%ac%e5%85%88%e7%94%9f%e3%83%bb%e5%85%8e%e7%ad%86

皆さまへ

 

先日、座本大汪(ざもと だいおう)先生が兎筆を使って

作品を書いてくださいました。

 

座本先生は、兎の筆を初めてお使いになるそうですが、

卸したての状態でササっと集中して書き上げてくださいました。

(初めてで、しかも卸したて!びっくりです!)

 

先生のご感想は、

 

“ゆっくり筆を動かしてこすりつけるように、

止めるような動きで書いたらいいね。”

“うん、とてもおもしろい!”

と喜んでくださいました。

座本先生、ありがとうございます。

 

この筆は、兎の口髭を使ったとても珍しい筆で

畑製筆所が制作した筆ではありません。

 

前回ブログでご紹介した竹筆と同様、

珍しい毛を専門に扱っていた亡き職人仲間の作品です。

(前回のブログは コチラ

 

素敵な作品がたくさん生まれますように。

 

%e5%85%8e%e7%ad%86

(↑写真の筆は大サイズ)

 

 

——————————————————————————————

■兎(うさぎ)筆詳細

●小 内径7mm    × 出穂45mm        全長231mm 完売
●中 内径5.5mm × 出穂40mm       全長249mm 在庫1本
●大 内径6mm    × 出穂37.5mm    全長268mm 在庫8本

 

ご興味のある方はお問い合わせくださませ。

%e5%85%8e%e7%ad%86%e7%a9%82%e5%85%88